開脚/フランダンスのインストラクター川上友子

美構造®開脚システム

  • HOME »
  • 美構造®開脚システム

開脚システムとは?

ストレッチしない丹田・肚(ハラ)を覚醒させる開脚法

美構造®開脚システムはストレッチしない開脚法。一般的な開脚の方法は内転筋(内もも)など股関節周辺の筋肉をストレッチする方法が主流ですが開脚システムでは古武術の身体の使い方を活用して丹田・肚(ハラ)を覚醒させることにより開脚ができるようになる全く新しい開脚法です。

開脚ができるようになって得られること

1

骨盤が整う、姿勢が整う

開脚システムで体幹や股関節周辺の筋肉が使えるようになることで骨盤や姿勢が整います。姿勢が整うことで様々な不定愁訴への効果がでています。美構造®でいう姿勢が整うとは「意識してよい姿勢を保つのではなく無意識でよい姿勢を保つということです」

2

精神が安定し気持ちが前向きになる

心と体は連動しています。丹田が充実することで深い呼吸ができ正に肚が据わる状態になるので物事や感情に動揺しにくく気持ちが前向きになります。

3

スタイルがよくなる

スタイルのよさや見え方は身体構造に大きく左右されます。開脚システムで頭部・胸部・骨盤が整うことでリフトアップ・バストアップ・ヒップアップしスタイルがよくなります。

4

身体機能がよくなる

開脚システムにはからだの捻れや歪みをとり全身の連動性を高める方法が入っているのでスポーツ・ダンス・声楽などのパフォーマンス向上の結果がでています。

創始者 藤原ヒロシ代表の開脚システムに対する想い

身体の可能性、身体の面白さに気付いてほしい

株式会社 リセンス 代表取締役社長 藤原寛

開脚や前屈など柔軟性が全くない私の身体は、持って生まれたものだと諦めかけたときに
古武術に出会ったことで開脚システムは生まれました。

それまでの私と同じように柔軟性を高めるためにストレッチやヨガに熱心に取り組まれている方の中には、
努力しても結果が出ないので諦めている方が多いと思います。

端的にいうと結果が出る人と出ない人の違いは何かというと「身体の使い方」にあります。
身体の使い方を変えて動いてみると努力なく今までできなかったことができたり柔軟性が向上します。

開脚は特にできない人はできないまま諦めることが多いのではないでしょうか?

だからこそ開脚システムで「できなかったことができる喜び」を多くの方に知ってもらい自分の身体に希望を持つ人が増えてほしい。
そして未知なる身体の可能性に気付きやりたい事にチャレンジするキッカケになれば幸いです。

 

開脚システムセッション事例集《ビフォー・アフター写真》

Top

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 美構造開脚/フランダンス教室@大阪 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.